ねこ好きのための「ねこ専門」情報メディア
Follow me :

猫の体型・ボティタイプの分類(全6種類)

Medium 577f5b27f5

猫のボディタイプは、大きく6つに分類されます。1万年といわれる長い年月をかけて世界中に広まった猫は、その土地ごとの環境に適応した体形になっていきました。さらに人の手によって計画的に繁殖が行われるようになり、現在のような様々な体型の猫が生まれるようになりました。

例外はありますが基本的には、南国育ちの猫は暑さに耐えられるよう細くスリムな体型になり、北国育ちの猫は寒さに耐えるために多くのエネルギーを蓄えられるよう、大きくたくましい体型になったと言われています。

ここでは、それぞれのボディタイプの分類と、その代表的な猫の種類をご紹介します。

とてもほっそり「オリエンタルタイプ」とは

全体に長く、胴体がほっそりとしており、6種類の中で1番スリムな体型です。

手足は長く、足先は小さめ、しっぽは細長くムチのようにしなやかです。

あごは小さく、頭が逆三角形をしているのが特徴的で、大きな耳を持っています。

オリエンタルタイプの猫

  • シャム
  • オリエンタルショートヘア
  • コーニッシュレックス
  • バリニーズ など

ややほっそり「フォーリンタイプ」とは

オリエンタルタイプが少し丸みを帯びた体型で、コビーほどは丸くはありません

手足が長くてスタイルが良く、筋肉質でスレンダーなボディをしているのが特徴です。顔はくさび型(逆三角形)で、大きな耳とアーモンド形の目を持っています。

暖かい地域に適応した品種に多く見られる体型で、南方タイプとも呼ばれています。

フォーリンタイプの猫

中間的な体系「セミフォーリンタイプ」とは

フォーリンタイプより足が短く、やや小さめの細身で、コビーとオリエンタルのちょうど中間の体型をしています

筋肉が発達していて肉付きがよく、フォーリンタイプよりもずっしりとした重みがあります。丸みのあるくさび形(逆三角形)の顔が特徴的です。

セミフォーリンタイプの猫

  • マンチカン
  • アメリカンカール
  • スフィンクス
  • エジプシャンマウ
  • トンキニーズ
  • デボンレックス
  • オシキャット など

がっしり「コビータイプ」とは

全体的にがっしりとした筋肉質の体型です。

足や胴体の骨格は短めで太く、しっぽは短めのタイプが多いです。顔は丸く、耳は小さめで両耳の感覚が離れています。

手先が丸くて大きいのも特徴で、いわゆるずんぐりむっくりとした姿をしています。

コビータイプの猫

  • ペルシャ
  • ヒマラヤン
  • エキゾチックショートヘア
  • マンクス
  • バーミーズ など

ややがっしり「セミコビータイプ」とは

全体的にコビーに近いですが、コビーに比べて足や胴体・しっぽなどが全体的に少し長く、重心が低くないのが特徴です。

前足と後足にはコビーより少し小さめの丸みがあります。

丸くて大きな目と、しっかりとしたあごを持っており、顔が大きく筋肉質で貫禄があります。

セミコビータイプの猫

おおきい「ロング&サブスタンシャルタイプ」とは

大型でがっしりとした体型で、他のどのタイプにも当てはまらないのがロング&サブスタンシャルです。

胴体が長く、骨太で筋肉も力強く重量感のある体型です。他のタイプと比較して大きめで、体重が10kgを超えることもあります

寒さの厳しい北国の環境に適応した品種に多く見られます。

ロング&サブスタンシャルタイプの猫

  • メインクーン
  • ノルウェージャンフォレストキャット
  • サイベリアン
  • バーマン
  • ラグドール など

いかがでしたか?進化の過程で環境に適した体型になっていったのかと思うと、とても感慨深いですね。

体は小さくてもとてもすばしっこかったり、大きくても性格が穏やかだったり、意外と見た目と性格は異なっていたりします。猫を飼うときには参考にしてみてください。

関連まとめ