ねこ好きのための「ねこ専門」情報メディア
Follow me :

ねこの肥満は万病のもと!愛猫がずっと健康でいるために、原因と対策を知っておこう!

Medium 86c1507b33

愛猫ちゃんにはずっと健康でいて欲しいですよね。人間同様、猫の肥満も健康に影響を及ぼします。丸っこい猫はとても可愛らしく、ついついご飯をたくさんあげたくなってしまいがちですが、猫の健康のために、今一度肥満と向き合ってみましょう。

うちのこ肥満?


出典:猫になりたい~猫☆パラダイス~

肥満かどうかを確認するために、ボディコンディションスコア基準というチェック法があります。
体重などに関わらず、上から見た時にお腹が丸みを帯びているのが肥満のサインです。

ネコちゃんのボディ・コンディション・スコア(BCS)の基準

肥満は万病の元

人間でも、ねこちゃんでも肥満はあらゆる疾患の原因に。
美味しいごはんたくさん食べられたほうが幸せじゃない!
と思うかもしれませんが病気のリスクを知ると恐ろしいですね・・・

《肥満が原因で起こりうる主な疾患》
・糖尿病
食べ過ぎると消化器官に負担がかかり、インスリンの働きに異常がおこります。

・心臓病
血液中に脂質が増えると血液がドロドロになり、心臓への負担大。心筋梗塞などの危険が。

・肝リピドーシス(脂肪肝)
過剰な栄養摂取により肝臓に脂肪がたまってうまく機能しなくなり、肝不全を起こします。

・関節炎
増えた体重は手足の関節への負担が大きく、関節にも影響を及ぼします。

・皮膚炎
自分ではグルーミングができず、皮膚トラブルをひきおこします。

・膀胱、尿道の疾患
肥満になるとトイレに行く回数が減り、蓄尿量が増えることで尿石症、猫の特発性膀胱炎、尿路閉塞、尿路感染などのリスクが高まります。

肥満の原因と対策


その1 ご飯のあげ過ぎ

一番多い肥満原因はごはんの与えすぎ。

おねだりするポーズがかわいくてついつい・・・気持ちはわかりますが、ねこちゃんの健康のためにはぐっと我慢。
肥満は万病のもとですから、ねこちゃんのために飼い主さんが責任をもって管理してあげましょう。

ごはんは決められた量を守るのが基本です!

個体や運動量によっても違いますが、一般的に猫ちゃんが1日に必要なエネルギー量は、成猫の場合には体重1kgに対して約80kcal程度といわれています。
ただし、完全室内飼育や運動量の少ない猫ちゃんなら、体重1kgに対して約70kcal程度を目安にします。(中略)市販されているフードには、パッケージに給与量が表示されています。正しい給与量を守り、適正体重を維持できるように心がけましょう。

出典:AIXIA


与える量がわかったらきちんと計って与えましょう!

目分量であげるとついつい多くあげてしまうのが親心。
ですから、毎食計って適量をあたえましょう。

とはいえ、急にご飯も少ない!おやつもなし!だったらねこちゃんがかわいそうだし、ニャーニャーないて大変です。
そんな時は、すこしづつごはんの量をへらしたり、食事の回数を細かく分けてみましょう。
食事の間隔がみじかければ空腹の時間をへらすことができます。

早食いを防ぎ、早く満腹になるのを防ぐ食器もあります。

ドギーマン ゆっくりでこぼこ食器
http://item.rakuten.co.jp/carezza/33101995ku/


ダイエットフードをとりいれる

室内飼いが主流になったいま、様々なダイエット用フードが発売されています。
ダイエットフードを与える場合は、いままで食べていたフードに混ぜながら徐々にきりかえましょう。
急に切り替えると、たべないねこちゃんがいるからです。
少しづつ切り替え、ダイエットフードだけ残していないか、いつもどうりのうんちかなど観察し大丈夫そうなら徐々に切り替えていきましょう。


ライフスタイルにあった食生活を

子猫期、成猫期、老猫期用、また室内飼いの猫ちゃん用などねこちゃんのライフスタイルにあったフードが発売されています。基本的には月齢にあった総合栄養食をメインにあたえましょう。

リンク:総合栄養食と一般食


その2 運動不足

室内飼いのねこちゃんはどうしても運動不足になりがちです。

飼い主さんがおもちゃで遊んであげることが基本
1日15分×3〜4回遊んであげましょう。

著者おすすめのおもちゃ
・シャカシャカブンブン

また、猫ちゃんは高いところがすきですから上下運動ができるようにキャットタワーを設置するのもおすすめ。



その3 そのほかの原因 遺伝や病気が原因で太ってしまうこともあります。
そのほか、去勢・避妊手術をすると代謝がさがって肥満の原因に。
運動不足でもない、過食でもないと思う場合は獣医さんに相談しましょう。

さいごに

過度なダイエットはねこちゃんの負担になり逆効果になりかねません。
また、過度の肥満の場合は獣医さんに相談したうえでダイエットを。
毎日、きちんと観察し無理のない範囲でがんばりましょう!

関連まとめ