ねこ好きのための「ねこ専門」情報メディア
Follow me :

猫って本当に猫舌なの?犬舌はないの?

Medium defe346cc8

熱い食べ物が苦手な人を、「猫舌」といいます。素直にこの言葉を解釈すると、猫が熱いものが苦手だから、同じような傾向の人をそのように表現して、それが一般的になった、と思えます。しかし、本当に猫は猫舌なのでしょうか。

猫は本当に猫舌?猫舌なのは猫だけ?

iam_bolt_66

結論から言うと、基本的に猫が猫舌である、ということは間違いではないのですが、猫だけではなく他の動物も同様で、猫はその代表としてその名が使われている、といえます。これは猫に限りません。人間を除く哺乳類全般に当てはまることです。

まず、猫が熱いものが苦手な理由ですが、そもそも哺乳類は熱いものが苦手なんです。野生の中で食べ物を口にするとき、温められたり、熱せられたりしたものというのは、ありえません。熱いものが苦手というより、熱いものを口にする機会がないので、舌が熱いものに適応するようにできていない、ということなんです。

人間だけは進化の過程で「火」を使うことができるようになり、食べるものを加熱することを覚え、熱い食べ物にも順応するようになったのです。

なぜ猫が選ばれたの?犬舌ってないの?

jako0317

では、なぜ「猫舌」というのでしょう。実は昔、江戸時代には「犬舌」という言葉もあったのです。ただ、犬はいまでこそペットとして人間になじみ深い存在ですが、江戸時代にはペットとして飼われることは少なく、野良犬として人間周辺に生存しているのが大多数でした。ですから、人間が加熱した食べ物を口にする機会も少なく、いつの間にか「犬舌」という言葉も使われなくなったのです。

これに対して、猫は江戸時代から人間とともに暮らしていて、当然、温かい食べ物を与えられることも多かったのです。それで熱い食べ物を嫌がる様子を目にすることも多く、「猫舌」という言葉が定着していったのです。


多くの動物が熱いものが苦手なのに「猫舌」という言葉が定着したのは昔から人間と一緒に暮らしていたから、というのは猫好きとしてはなんだかちょっぴり嬉しい話です。

関連まとめ