ねこ好きのための「ねこ専門」情報メディア
Follow me :

【猫の悩み】夜の運動会をやめさせるには?

Medium a8026815ce

猫は毎晩12時頃になると大騒ぎを始めます。うるさくて眠れないし、マンションの場合は苦情が来ないか心配です。どうやったらやめさせられるのでしょうか。

夜の大騒ぎは猫の習性なんです

実は毎晩の大騒ぎは猫の習性です。昼間飼い主が家にいる場合でも、猫は夜中になると突然元気になって暴れます。元来、夜行性である猫の習性のひとつで、それが猫の体内時計なのです。一日のうちで最も盛り上がる時間帯で、走り回るのが、楽しくて仕方ない時間帯です。

やめさせたい気持ちはわかりますが、夜の運動会をやめさせるのは問題です。猫の健康のため、また精神衛生のため、そして飼い主とのコミュニケーションを育てるため、夜の運動会は必要なことなんです。

やめさせるのではなく、やっても問題がないような工夫を考えましょう。

防音対策をして遊んであげて

階下の部屋に振動が伝わらないように、床にカーペットやマットを敷くのもひとつの方法です。100円ショップで売っているようなマットをひくだけでも、音の響きはずいぶん抑えられます。猫が高いところからよく飛び降りるところや走り回る廊下などには、厚めのマットを敷くなどして騒音対策をしましょう。

布団を敷いて「運動場」を設営するのもよいでしょう。じゃらし棒などのおもちゃを上手に使えば猫は意外にも「運動場」の上だけで遊ぶものです。布団の上でなら、ハイジャンプをしても問題はありません。じゃらし棒などで大いに遊ばせてください。猫は持続力がなく長時間動き続けることができない動物なので、15分も遊んであげれば疲れて眠り始めます。

階下の住人とコミュニケーションも忘れずに

さらに、下の階の住人と付き合いを大切にすることも大切です。よい付き合いがあれば感情的にも大きく違います。大目に見てくれる部分もあるでしょう。付き合いがなければ「上の階の猫がうるさい」と苦情になってしまうかもしれません。普段から階下や隣の住人と会ったら印象を良くしておくことが大切です。必ず挨拶をするなど、コミュニケーションを大切にしましょう。

猫は5、6歳くらいまで元気一杯で走り回って遊びますから、長期的な展望で工夫を考えることをおすすめします。

関連まとめ